その他DeFiサービス

NFT投資の有効性

NFTの特徴と、投資としての有効性を考察します。

NFTとは

NFT(non-fungible token)は日本語で非代替性トークンと呼ばれますが、この表現では良く分かりません。そこで、NFTを理解するために、まずビットコインについて考えます。

ビットコインの場合

例えば、ビットコインを誰かに1BTCだけ送金しますと、受け取った人は1BTCとして認識しますが、その内訳を気にすることはないでしょう。具体的には、受け取ったうちの0.1BTCは元々はAさんの所有だったもので、別の0.2BTCは元は誰の所有か…などと考えず、1BTCという数量を受け取れば満足です。

この関係は、私たちが日常的に使っているお金と同じで、手元にある500円硬貨の前の持ち主は…などと考えることはありません。

すなわち、誰かが持っている1BTCと自分が持っている1BTCは同じものであり、区別する必要性がありません。それぞれ、1BTCとして利用可能です。

NFTの場合

一方、NFTはこの区別をします。

例えば、Aさんが持っている画像がNFTで管理されるとしますと、その画像は唯一のものとなります。もちろん、画像はデジタルですから簡単に何枚でもコピーできますが、それはコピーであり、本物の1枚はAさんが持っているものだと証明できるようになります。

このNFTはブロックチェーン技術で作られていますから、所有権が誰から誰に移って現在に至るかという情報も記載可能であり、所有権を詐称できません。

その結果、NFTで作られた唯一の物を持っている人は、他の人に有償で譲渡することによって利益を得ることも可能となります(もらった人は、所有権をNFTに書き込めばOK)。

これで利益を狙うのが、NFT投資です。

なお、「あるデジタルアートNFTを10名様に配布します!」という場合も、10枚のコピーがあるわけではなく、10枚それぞれにNFT技術で登録されますから、それぞれが本物として流通します。

NFTの投資価値

次に、実際に高値がついたNFTの例を確認します。下は、ロシアのエルミタージュ美術館の収蔵品であるゴッホの『Lilac Bush』がNFT化され、Binanceのオークションに出品された絵です。

エルミタージュ美術館NFT

オークションの内容

  • 現実世界で本物の絵が存在する。
  • 2枚がデジタル複製され、1枚は美術館が保管。
  • 残り1枚がオークションに出された。

さて、この条件でついた価格は…75,000BUSD(800万円くらい)です。リアルの世界で現物が存在し、販売しているのはデジタルのコピーにすぎず、それ自体は利子を生むわけでもありませんが、800万円。

仮に、エルミタージュ美術館が「多くの皆様の要望にお応えして、さらに10枚デジタル版を販売します!」なんてことになったら、価格は暴落しそう。

そこまであからさまなことはしないでしょうが、現実世界に本物が存在し、NFT化されたものはコピーでしかないので、似たようなことはいくらでもできそうです。

また、この記事に絵を転載していますが、これもコピーであり、誰でも簡単にできます。NFTで所有者が特定できるとはいえ、誰でも簡単にコピーして所有できるものに800万円の値が付くのは、違和感を感じます。

高額な価格がつく理由

では、なぜこのような高値がつくのでしょうか。その理由をいくつか考察します。

世の中はお金が余っている

この記事を執筆した時点で、世の中にはお金がジャブジャブに余っていて行き場がなく、お金を持っている人は自分のお金をどこに置いたら良いのか、ひどく困っています。

お金が余っている理由は、不景気と新型コロナウイルス問題が主因です。世界各国の中央銀行は、株式市場に介入して株価を買い支え、債券市場でも債券を買っています。すなわち、巨額の資金を市場に投入してきました。

また、各国政府は国民にお金を撒く政策を実行しており、日本でも1人当たり10万円でしたから、日本だけで1.2億円×10万円=12兆円になります。先進各国でこの政策が実行されましたから、お金がダブつきます。

その結果、株式・債券といった従来の投資先のみならず、アート・アンティークコイン・高級腕時計など、お金になりそうなものは何でも高値になる現象が起きています。

NFTの高騰も、その流れで説明できそうです。

珍しい

お金が余っていることに加え、NFTは新しいので「儲かるかも」という連想が働きやすい可能性があり、これがお祭りの雰囲気を生み出して価格高騰に結び付いている可能性があります。

以上、2つの理由を考察しましたが、これらの理由がないと、リアルの世界で実物があって、誰でもコピーを取得できるという条件で、しかしNFTであるというだけで800万円という価格になった理由を合理的に説明するのは、大変難しいのでは?と考えられます。

この2つの条件が消えたら…

ちなみに、ここで挙げた「お金が余っている」「珍しい」は比較的短期間のうちに終了すると見込めます。新型コロナウイルス問題は対策が進み、報道を見る限り、各国中銀が次に取る政策は資金引き上げに向けた地ならしになっています。

では、この2つの条件が消えた後も、NFT価格は現在の高値を維持するでしょうか。当ブログ運営者は極めて懐疑的に見ており、実際にどうなるか眺めようと思います。

当ブログ運営者の懐疑的な見方が正解なら、この種のNFTは投資対象としては成功しづらいということになります。

NFTが現存する唯一の物なら

では、リアルの世界で存在せず、NFT化したものが唯一だという場合はどうでしょうか。

この場合、デジタルですから数多くのコピーが出回ると想定できますが、NFTのおかげで、本物は1つだけで所有権を持っているのは誰だと証明できますので、一定の価格を維持できる可能性があります。

しかし、そのNFTを持っている人は、所有権は自分が持っていて改ざんできないから安心だと言えない可能性があります。

その理由ですが、Bakumatsu Swap Finance の公式ツイートで分かります。

Bakumatsu Swap Finance では、セクシー女優の桃乃木かなさんを起用してNFT用の画像を制作したのですが、他のNFTに無断使用されてしまいました。

今回の場合、桃乃木かなさんや所属事務所等が動いていますから、誰かが無断でNFT化して儲けようと思っても、目を光らせてくれることでしょう。すなわち、購入者は比較的安心できるはずなので、投資対象となりそうです(実際に買うかどうかは、別途検討が必要)。

では、このような守られた存在以外のデジタルアート等のNFTはどうでしょうか。

NFTを使えるブロックチェーンはますます数が増え、NFT化されるデータも増える一方ですから、自分が本物の所有者なのに、いつの間にか他のブロックチェーンのNFTにコピーされてそれがあたかも本物のように流通している…という事態を想定できます。

そして、コピーされてしまった人はもちろん不幸ですが、コピーした偽NFTだと知らずに買った人も不幸になるという結末になるでしょうから、この問題はどこかでクローズアップされるかもしれません。

ゲームアイテムのNFT化

以上、NFTの価値等を巡る問題点を考察してきましたが、この種の問題が起きてしまう理由は、誰でも簡単にコピーできて、そしてそのコピーしたものを自由に使えるからです。

ならば、コピー品では全く役に立たない(=NFT化された本物なら役に立つ)ならば、問題は起きずに価格も維持・上昇しやすいのでは?という考察が成り立ちます。

この条件を満たす典型例は、ゲーム内のアイテムです。

ゲームのアイテム画像は簡単にコピーできますが、画像をコピーしたところでゲーム内で使用できませんから、それは全く価値を持ちません。では、アイテムの機能をコピーできるか?ですが、無理矢理コピーしたとしてもゲームに使う際のNFT認証で偽物は弾かれてしまうので、使えません。

よって、ゲーム内アイテムとNFTは極めて相性が良く、活発な売買を期待できます。

すなわち、アイテムを成長させるのが楽しいという人は、キャラクターとアイテムを成長させて売れば儲かりますし、その一方で、成長させるのは面倒だけれど遊びたいから強いアイテムを買いたいという人もいますから、そういう人はアイテムを買えばOKです。

あるいは、人気ゲームのアイテムだから価格が上昇するだろうと見込んで、(自分はゲームをしないけれど)投資目的で買うこともできます。

ここにコピー品が入り込む余地はなく、買う人にとっても売る人にとっても満足いく結果になります。

DeFiでのNFTの応用

ちなみに、DeFiプロジェクトでNFTを使うという場合、多くは画像をユーザーに配布したり販売したりしています。

しかし、それにとどまらず、NFT化したデータを使ってステーキングできる例もあります。この場合も、画像データだけコピーしても何の役にも立たず、中身のデータをコピーしようとしてもできないという条件を満たしており、ステーキングで大きく稼げるNFTならば価格が上昇する可能性があります。

このブログでは、その例として Position Exchange をご案内していますので、ご確認ください。

Position ExchangeのNFTでPOSIを稼ぐ

DeFi一覧を眺めていたところ、公開されて間もないのに人気上位に顔を出しているプロジェクトがありました。Position Exchangeです。では、人気の理由は何でしょうか。確認しましょう。 Con ...

続きを見る

まとめ

以上、NFTを巡る問題や価格等について確認しました。

NFTが単に画像データのみを取扱う場合、その価値を維持したり本物であることを証明し続けるために労力が必要な一方、画像データはさほど重要でなく内側にある機能が大切だという場合には、NFTの能力を存分に発揮しやすいことが分かります。

ここではゲーム内アイテムとNFTステーキングについてご案内しましたが、今後もさらに様々な用途でNFTが活躍するだろうと期待できます。そして、NFTが発展すれば、それを利用した投資も活発になってくると期待できます。

-その他DeFiサービス